loader image

Aoi ch.用語・語録集

目次

用語・語録

このページは富士葵やキクノジョーが動画や生放送などで生んだ語録や用語をまとめ、新規ファン向けにその発祥や意味等を解説するページです。内容修正お題随時募集しています。

■あ行

「あ・お・い(合言葉)」とは

1st ソロライブで決まった合言葉(コール)。あ:愛する、お:思いやる気持ち、い:一期一会よっしゃいくぞー! マーカー部分でコール&レスポンスをする場合もあるので覚えていて損なし。
詳細:だいすけ

「#あおいんち」とは

富士葵オフィシャルコミュニティの名称。より身近な存在になれるように作られた。ブログや裏話、専用ディスコード、年に数回ファンミーティングなどもある。

「葵のおみせ」とは

公式サイトにてオンラインショップで開店。公式サイト閉鎖に伴いinBOOTHに移転。またリアルでも2018年11月1日~14日に東京駅一番街「東京キャラクターストリート」内 “G階段下”ワゴンにて期間限定で開店。好評につき渋谷Magnet5階に2019年5月18日~2021年8月31日まで常設開店していた。2023年8月4日〜20日にポップアップショップ「大葵菊祭」期間限定開店。

「あかーん」とは

キクノジョーの口癖。事態がヤバそうな時に使われるが、多彩多芸なキクノジョーはだいたいなんとかする。

「アゴイちゃん(手作りパペット)」とは

富士葵がダイソーで道具を揃えて作ったお手製パペット。リアル世界でぽんぽことコラボをしたりもする。

「朝ピク」とは

完全独立後手始めに富士葵が一週間連続で朝6:30に行ったゲーム配信企画。初見でピクミン4をプレイした。1週間ではクリアできず、ライブ後も配信を継続。対照的にキクノジョーはやりこんでいたマザー2を夜配信した。#朝ピク

「アートタグ」とは

絵や創作物を発表するファンアートタグ。富士葵:#葵の絵、キクノジョー:#キクノポリタン美術館。サムネイルや動画に使わせていただく可能性がありますとのこと。

「いかないでー」とは

配信の終わりやライブの終わりで葵ちゃんが帰るのが悲しくなり歌劇団が発する言葉。葵ちゃん本人は言われると寂しくなるから「行かないでって言わないで」と返してくれる。 

「#伊東あおり」とは

伊東ライフ、兎鞠まり、ヤマトイオリ、富士葵のコラボ名。富士葵主催の「大型企画#V桃鉄決戦」で同チームの縁。フォールガイズを一緒に練習したりコラボをするようになる。煽られた伊東ライフが投げっぱなしのお題をなんとかまとめる所から始まる。 

「羽化」とは

クラウドファンディング『かわいくなりたいプロジェクト』で得た衣装。富士葵「羽化」/Fuji Aoi

「歌姫」とは

VTuberに歌姫数あれど、けったいな企画動画(誉め言葉)を量産する富士葵であるが歌えば周囲を浄化する力を持っており、その歌唱力のギャップに驚かされてファンになる人も多い。黎明期当時の空気を知る古の資料に「新造人間富士葵ャーン」「デビルマンと見るガチ恋歌劇団入団までの道筋」がある。本人巡回済みであることも判明した。

「うぬぼれ」とは

急に うぬぼれだした富士葵さん。ぽこピーとクイズ対決でピーナッツくんが富士葵に送った言葉は何?の答えがうぬぼれだとツッコミされる。

「ウクレレ」とは

富士葵はウクレレ弾き語り配信などをおこなっていた。ウクレレの名前は「フジレレ・ストラディバリバリ」荘厳な名前です。

「裏方ワードウルフ」とは

キクノジョー(富士葵)、乙女丸(YuNi)、えーちゃん(ときのそら)、山岸マネージャー(ウェザーロイド Airi)、パンディ(かしこまり)の裏方が集まってワードウルフを行った珍しいコラボ。現在は見ることができないが黎明期ならではの本音が垣間見えるコラボだった。
参考:パンディの激レアコラボ告知

「裏四天王」とは

黎明期にバーチャルYouTuber裏四天王として富士葵、ときのそら、のらきゃっと、ばあちゃる(?)が数えられていたこともある。

「おせいぼハムちゃん」とは

【葵×菊】巨大オセロガチ対決!!【#葵の生放送】」に登場の金色豚3Dオブジェ。富士さん、ノジョさんが今後配信中で勝負をしてコインを積み上げて年末に勝敗を競う(勝負が少なかったので次の年に持ち越しになった)。勝った方が好きな大型企画を通せる。

「おつふじ」とは

「おつかれさまです」の意。

「おやつ/おかずの分別法」とは

食に関して、基本的に二人とも好き嫌いが少ないが、富士葵は人目につかない時は食べ方に特徴があり分解して食べる。しかもおかずとおやつの境界線が独特<おやつ/おかず分別表>。そして辛い食べ物耐性が異常に強い。キクノジョーはがんもどきが見た目から苦手。
詳細:定期生見ながらメモとっていた・だいすけメモ帳

■か行

「家族」とは

富士葵の元ピアノ講師のお母さん髪長い、おばあちゃんをばっちゃんと呼ぶ。おとうさん、おじいさんがいる。

「完全独立」とは

2023年11月7日(火)には完全独立を発表、株式会社LOGIC&MAGICのクリエイティブサポートの終了、音楽レーベルAcroからも独立して、富士葵、キクノジョーは完全個人勢となった。

「キクノ嬢」とは

ウィクロス(WIXOSS)コラボでキクノジョーが美少女カード化した。キクノジョーがキャラ化するのは珍しくハイテンションでお願いして聞き入れてもらった趣味全開の絵である。マフィア梶田と中村悠一のカード開封でも認知された。

「キリノシン」とは

魔界の住人のひとり。絵が上手い。動画でつかわれるいつものアイコンの絵の人。

「クソダサムーブ」とは

教えられると踊れるが、アドリブで踊ると突然ダサくなるムーブ。類語にクソダサダンス、謎ダンスがある。ハイクオリティなカオスと絶賛される。私の動きがダサいって言ったの誰だ!見返してやる!【富士葵】クソダサムーブがあるからこそ、コヨーテダンスが光るのだ。

「クラリス」とは

妖怪惑星クラリスのスマホゲーム。「妖怪惑星クラリスのガチャ50連でバーチャルJKぶっ壊れる」現在は終了。

「クラウドファンディング」とは

富士葵はクラウドファンディング「かわいくなりたい!バーチャルYouTuber『富士葵』をかわいくするプロジェクト」によって新衣装(羽化、ドレス、スタジオ機材)の資金集めをおこなった。今では一般的になったが当時は最新の手段でありVtuberでは初の試みであった。当時は「ストレッチゴール」が理解されづらく、炎上のような騒動になりかけたがキクノジョーの説明もあり鎮静化し、結果大成功に終わった。

「グンッ」とは

キクノジョーや魔界の住人を召喚元(魔界)に返す儀式。古い動画でエンドロールに使われていた。

「公式サイト」とは

独立に伴い2022年4月1日に惜しまれつつ閉鎖された。その機能はオフィシャルコミュニティ「あおいんち」に引き継がれている。アルバム紹介ページなど限定的な復活もあり、復活の可能性は十分に残っている。

「コヨーテダンス」とは

オリジナル曲コヨーテに使われる定番のダンス。

「こんふじ」とは

「こんにちは」の意。

■さ行

「サイリウム」とは

ライブの時に使う光る棒。富士葵のイメージカラーから青色にして振る人が多い。富士葵本人は配信などで「色は決まってないので好きに振って」と発言している。

「サウナ王」とは

ガリベンガーVオープンキャンパス「物述有栖・富士葵と学ぶサウナ」の公式ページの後編にて物述有栖と激闘の末クイズに勝利したことで名乗る権利を得た。

「サンセットファイヤー」とは

過去の生放送シリーズ【富士葵の生放送】SUNSET FIRE FIRE【#00】

「ジカイテン」とは

協力できない二人のSuper Bunny Man !!!#1」でゲームをプレー中に富士葵から発せられた言葉。キクノジョーが執拗に「ジカイテンって何?」と聞くが答えが見つからない。その後「自転」と判明する。この動画内では「行き当たり×××」「良し悪しがある」など難しい言葉知っている富士さんは賢いで有名な神回。

「シティガール」とは

ぽこピーコラボ「廃校サバイバル 後編」で田舎育ちには考えられないありふれた所で感動を覚える富士葵に対して皆にそう呼ばれることになった。こちらの動画では富士葵本人も半分認めている。

「柔軟性」とは

富士葵は幼少期バレエをやっていたこともあり柔軟性に優れ、I字やY字のポーズができる。ただし肉離れで青たん作るリスクあり。

「召喚術」とは

キクノジョーに関しては富士葵に特別な魔力があるわけではなく、図書館で魔術所を見つけて林でやってみたらできたレベルで召喚ができてしまうようだ(23【RiTunes Labo】#vtuber歌唱王 出場者一人目 生セッション歌枠:ゲスト『富士葵』【律可/ホロスターズ 】#りちゅらぼ)。

「#親戚コラボ」とは

ぽんぽこ、ピーナッツくん、おめシスのコラボ。本当の親戚ではなく、親戚のような気の置けない仲間。

「全部葵シリーズ」とは

最初は【全部俺】ドンキーコング歌ってみた【多重録音】から始まったすべてのパートを富士葵が歌う人気シリーズ。最初はふざけた企画だったのに今やショートの主力企画になっているぞ!葵ちゃんの素敵な歌声を聞ける素敵なシリーズだね。

「#そらあお」とは

ときのそら、富士葵のコラボ名。黎明期の2018年6月にコラボ(Vtuberで初?企業間では間違いなく初)が行われ、以降は様々な動画やライブなどで実質ユニットとして共演を果たしている。思い入れのあるファンも多く、結成日にお祝い企画なども行われる。
詳細:そらあおと!Wikipedia

■た行

「天界」とは

音楽関係を手伝ってくれる人。

「チックミュージックスターツ」とは

野性爆弾くっきーのネタを多分気に入ってよく使っていた。

「チビ葵」とは

ソロライブシンビジウムの時に語られた、隣にいつも一緒にいる小さい富士葵のこと。

「ちょこっとキクノジョー」とは

富士葵活動6周年記念ライブ「Aria」のライブ配信サイトSPWNの該当ページにて出演者に書かれているキクノジョーの名前。ちょこっと登場するという意味でちょこっとキクノジョーと資料に記載したところ、出演者の名前にそのまま書かれたとのこと。

「つくってノジョノジョ」とは

富士葵の生放送にてキクノジョーがメインで痒いところに手が届く工作をするシリーズ。遊星ギヤと言われるアイテムを使って作成する事が多く、キクノジョーの工作うんちくを聞けるありがたい放送だ。富士葵は隣でにぎやかしをしている事が多い。

「定期生配信」とは

毎週火曜日21時に配信している。基本3D配信で時間内にきゅうりをトランプで切ったりチーズを割いたりガンプラを作ったり本当に様々な企画をやる。最短記録は6分46秒。スパチャを投げる人だけを特別扱いしたくないとの想いで一度配信を閉めてCパートとしてスパチャの名前読みをする。日時は変更する場合もあるので事前にTwitterをチェックしよう。

「独立」とは

2020年に同一キャラクターを維持しつつ所属していたSmarpriseからの円満独立。同会社には奏みみも同時に独立している。現在は両者とも音楽レーベルのAcroに加入している。
2023年11月7日(火)には完全独立を発表した。→詳細は完全独立の項へ。
参考:こちらこそありがとう

「東条マヨイ」とは

MZMで開催されたTRPG「マジックブルーの境界線 #ドラベル葵の境界線 【ドーラ、ベルモンド・バンデラス、富士葵】#ドラベル葵の境界線の境界線で富士葵が演じたキャラクター。お嬢様で執事がいる。

「トラッキング」とは

画面と同期する機能。LOGIC&MAGIC社のスタジオは接地面や髪の動きなど群を抜いる。富士葵の配信は当然のように高クオリティの3D配信を行っているが、VTube業界内でも稀有な存在である。

■な行

「ナイススキンケア」とは

ポーカーで勇気あるオールインを褒めたたえる言葉。ポーカーチェイスコラボで富士葵がオールインした時のセリフに対してキクノジョーのツッコミが由来(紹介PV

「謎動画」とは

謎動画はAoi ch.を代表するよくわからない動画たち。厳密にジャンル分けされているが、全部、ちょっとそのなんだ。なんでもないです。

「二次創作ガイドライン」とは

「個人(企業所属の個人含む)、同人サークル等の団体の方の創作に関して、創作活動を基本的に制限いたしません。イラスト、漫画、コスプレ、動画など二次創作は大歓迎です!」として、ファンアートや切り抜きに対して寛容。だけどイメージを損なう行為などは禁止しよう。詳しくは富士葵二次創作ガイドラインに沿って楽しみましょう。

「ヌン活」とは

アフタヌーンティーを楽しむこと。富士葵がザ ストリングス 表参道(東京・港区)でレポート。その専用衣装のワンピースが新鮮だった。

「ノジョー(愛称)」とは

キクノジョーの愛称。コラボ相手も良く使う。ひるがえってMZMの狼男のアンジョーは「ジョーさん」の愛称を持つ。こちらも魔界の関西出身で一度コラボしてほしい。

「二寺蒼五(にてらそうご)」とは

「やぁ人民諸君、二寺蒼五だ」YouTubeで活動する男性バーチャルYouTuber。その実態はチャンネルで確認しよう!2Terra channel.
詳細:バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuber作ったら最強でしょ【カスタムキャスト】

■は行

「はだかモコピ」とは

元々はmocopiを使ったぽんぽこチャンネルのネタ。親戚コラボにノジョさんが徹夜モコピで参戦(真冬)。体が生えてセクシーポーズをとることができるようになった。

「バーチャルYouTuber」とは

始祖キズナアイが提唱したバーチャルの世界で発信するYouTuber。オフィシャルファンブックのキズナアイ対談からも富士葵はキズナアイへのリスペクトを強くもっている。略称でVTuberと呼ばれることもある。

「バーチャル狼人会」とは

キズナアイ、電脳少女シロ、猫宮ひなた、富士葵のグループ。バーチャル狼人会はキズナアイが主催したVTuberFallGuysの大会でのチーム名。コメント欄から公募されたが黎明期からいるメンバーなので老人会とつけられそうな所をうまくかわしたファインプレーな名称。

「初音ミクとコラボ」とは

富士葵は初音ミク&MEIKO、ミライアカリ、YuNi、星乃一歌と共にオリンピック・パラリンピック認証のポカリスエットのアンバサダーを行った。オリジナル曲「青く駆けろ!」にも参加。

「花飾り、髪留めの色」とは

富士葵の頭に付いているチャームポイント、羽化衣装(制服)の際に着用している。この花飾りの葉っぱ部分は造花ではなく、枯れたら取り換えているので色が違っても問題無いことがファンとの会話の中で判明した。また髪留めの色も気分で変えているとのこと(変え始めたのはMOGではないか未確認)

「ひきだしあけお」とは

アキネーターをやったときに何故か設定されていた富士葵の画像が「ひきだしあけお」だった。誰が犯人なんだろう。ひきだしあけおは『おはスタ』に1999年度から2002年度まで出演したCGキャラクター。
詳細:Aoi ch.

「ピスコペスマスター」とは

キクノジョー誕生日配信で行われたリズムゲーム?毎度おなじみ「ピスコペス」を全問正解することで名乗れる称号。キクノジョーのランダムのある個性を見抜く眼力が必要。
詳細:【#キクノジョー誕生日】はじめての誕生日会!!!楽しみや!!!

「ぴろっぽー」とは

挨拶に使われていた。ラインスタンプの音声入りにも収録。

「富士葵」とは

残念ながら三文字ではTwitterのトレンドに登録されない。「富士葵ちゃん」「葵ちゃん」「#葵の生放送」などでトレンドに載ることも多い。イベントハッシュタグを着けることを留意されたし。

「富士葵の真夜中のmidnightラジオ」とは

事前にお便りを募集してそれを紹介する読者参加型生配信。間に挟まるフジーテやキクノジョーが作っている嘘CM(魔界CM)など名物コーナーもある。終始後ろ姿でラジオ放送の雰囲気を醸し出している。

「富士いち」とは

ワンマンライブ「Aria」の宣伝企画配信で「【対決】負けた方が宣伝部長!富士イチ決行せよ!!【#葵の生放送】」負けた富士葵が富士山の周りを自転車で1周した企画。距離130km、獲得標高1800m。車の移動を見越して安全を考え逆ルート。ルート作成はキクノジョー。次の日にヤマイチと称して山手線を電車で一周する企画を行った。
詳細:【130km/1800m】チャリで富士山1周!永遠の登りがキツすぎてガチ泣き!?【フジイチ】
参考:フジイチルート(トモアキ)

「富士山登山」とは

10万人登録を記念して1合目まで富士山を登った。目標10合目、100万人登録を目指す。富士葵!!富士山に登る!!【葵の100万人チャレンジ】 #1

「フジーテ」とは

富士葵の真夜中のmidnightラジオ」のコーナーとして登場。ゲーテの格言に見えなくもない格言じゃない富士葵の言葉。
詳細:Aoi ch.

「ブラザー(愛称)」とは

もともとはキクノジョーが富士葵のことをそう呼んでいたが、長じて世界人類皆兄弟の気持ちを込めて、すべての人への挨拶としている。

「フラスタ」とは

ライブやイベントの際に関係者やファンから送られる花輪(フラワースタンド)、だいたい2カ月前から事前に参加者をXで募っているので興味のある方は検索してみよう。募集中は富士葵やキクノジョーはブロックしている場合が多い。毎回こだわったデザインの物が送られていてライブ前の待ち時間の興奮を高めてくれる素敵なアイテム。歴代のファン主導フラスタのパネルは葵ちゃん所にずらっと並んでいるらしい。

「プレゼント」とは

いただいたプレゼントは出してくれている人をメモっているとのこと。律儀。ソロイベントではプレゼントボックスが設置される場合があります。また独立後もLOGIC&MAGIC社さん(東京都品川区東品川2丁目2番20号)がプレゼントの受け取り窓口も行って下さっています。

「ぽこぴーランド」とは

ぽこピーのふたりをモチーフにしたVRチャット内でのテーマパーク。すさまじい完成度。富士葵も企画動画などで利用したりするので遭遇する可能性あり。PCでも入れるので是非一度入ってみてほしい。

「ポーン(召喚)」とは

キクノジョーなど魔界人を召喚する儀式。または音。

「ぽんぽこ24」とは

ご親戚コラボでおなじみのぽんぽことピーナッツくんが企画している24時間番組。富士葵は2018年のぽんぽこ24 リターンズから参加している常連である。

■ま行

「マイマザー」とは

キクノジョーが単独で夜22:30頃より一週間連続ゲーム配信を行った。やりこんでいたマザー2をプレイした企画。富士葵の初見ピクミン朝配信との対比で思い入れの強いゲームを選んだ。とてもマニアックな言動が多い。

「魔界」とは

キクノジョーやキリノシンなどスタッフの総称として使っていた。

「魔関西」とは

キクノジョーのふるさと。魔界の関西方面。人間界と名称が似ているのは偶然。

「魔力」とは

魔界の住人は富士葵の魔力量によってできることが変わる。キクノジョーの角が伸びたり、羽や手が生えたり、カワイイ見た目になったりする。まだ惜しくも指が動かない。何故富士葵が魔力をもっているかは特に言及はない。謎。

「孫(愛称)」とは

富士葵の天真爛漫な姿、ご両親の教育がよろしきをえて礼儀正しい姿やファンに対しても身近な接し方から親戚のような親しみやすさから「孫」と呼ばれる。お年玉あげよ。
詳細:もしも富士葵が自分の姪っ子だったら?【体験動画】

「ミッチ」とは

コラボ先行配信を行ったLOOP8(ループエイト)のキャラクター。ノジョさんのお気に入り。プレゼント企画において二体目のケガイ討伐に失敗したが、ミッチ好きの気概を見せることでプレステ5を追加させることに成功した。

「みなっ」とは

富士葵定型挨拶の「みなっさーん富士葵です」の「みなっ」部分を連呼することで始まる、配信を待ちわびている身内ネタ。配信時間になると大量に流れる。

「冥途之土産」とは

バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuber作ったら最強でしょ【カスタムキャスト】で作成された富士葵のバーチャルYouTuberの側の女の子。
詳細:カスタムキャストで「VTuberがVTuberを作ってみた」

「#飯団四季」とは

YuNi、天神 子兎音、樋口楓、富士葵のメンバー。Vシンガーとして大型ライブなどで一緒になることも多く楽屋で仲良くなりディズニーランドなど一緒に行くようになったとのこと。飯団四季の名前はことね飯で一緒にご飯を食べたのがきっかけ。関東組である葵ちゃんとYuNiちゃんは聞き役。関西組のでろーんと子兎音ちゃんが喋り役。でろーんとの初顔合わせの時はお互いしゃべることもなく終始無言だった。

「もう10連」とは

妖怪惑星クラリスのガチャ50連でバーチャルJKぶっ壊れる」で残念なガチャを回し続けた結果。

「もえもえクイーン(忖度)」とは

クレア先生主催「#Vだらけ文化祭」メイドカフェコラボで、白雪みしろ、明堂しろね、アメザリひらいとの萌え萌えオムレツクッキング対決で強豪を打ち破り富士葵が受賞(忖度)した。メイド服で胸元に「奉公」のタトゥーを入れる事ができる。

■や行

「遊星ギア」とは

複数の遊星歯車(ギザギザの歯車)が自転しつつ公転する構造を持った歯車機構である。富士葵の無茶ぶりを配信中に工作で解決する「つくってノジョノジョ」シリーズや工作全般で使われる。配信後、視聴者も高クオリティの機構で返してくるので油断がならない。

「よっしゃいくぞー」とは

富士葵の定番の掛け声。

「ヤマイチ」とは

富士イチの次の日に自転車で山手線を一周した。今回は距離40km、獲得標高400m。まさに鉄人。
詳細:【検証】チャリで富士山一周した翌日なら、山手線一周ぐらい余裕説!【ヤマイチ】

■ら行

ライブのMC」とは

ソロライブでは歌の合間に富士葵のMCが入る。その内容がおよそライブに関係ないコンビニの弁当の入れ方や通り道の画像などである。スタッフにひかれないギリギリを狙っているらしい。ファンへの感謝の手紙なども読むことがあるが、真摯な気持ちとクスッとお笑いが同居する、実に「彼女らしい」文章である。

■わ行

「#わらしべコーサカ」とは

富士葵がふざけてポケモン配信中、コータスにコーサカと名付け、樋口楓にトレードで出したことで、たらいまわし(富士葵→樋口楓→月ノ美兎→本間ひまわり→ドーラ→)になって、最後はコーサカに戻って?くるという突発企画になった。【Vtuber寓話】#わらしべコーサカ動画の最後にコラボ予告があるも、コラボが成立するのはこれより3年後というまさに寓話的な話。ちなみにコーサカのTwitterの一番最初のフォローは富士葵。隠れ葵歌劇団。

■アルファベット

「Aria」とは

富士葵活動6周年ライブのタイトル、Aria。完全独立した最初のソロライブ。今回のライブも直前まで雨予報だったが葵ちゃんの力で晴れたと言われている。詳細は個別ページにて。
詳細:ワンマンライブ「Aria」開催

「CHILL OUT(チルアウト)」とは

エナジードリンク。2023年4月より1か月間、富士葵の定期生配信のスポンサーとなった。味も美味しく歌劇団が好んだため、スポンサー期間が延長された。

「GR」とは

ジジイ(爺)レア。【ドッキリ】VTuberチップスに存在しないカードが仕込まれてたら気付く?【富士葵】でドッキリで使われたカード。後日このネタがカードゲームWIXOSSで専用レアリティ「GR 羅星 富士葵」として実装された。

「MOG」とは

オリジナル曲のMY ONLY GRADATIONの頭文字から。草野華余子作詞作曲!

「Fall Guys」とは

富士葵が得意とするゲーム。キズナアイ大型企画でも2冠を奪取しており。地味にガチ勢である。

Focus on Japan.」とは

富士葵が日本文化を紹介したく始めた動画シリーズ。落ち着いた動画構成にその文化を大切にする気持ちがこもった素敵なシリーズである。外ロケ出来ない時期があり新作が無い期間があったが、本人はまたやりたいと言っている為、新作が楽しみである。

「JTB」とは

株式会社JTBとコラボを行った旅行バスツアー「富士葵と行く!JTBオフィシャルツアー」2019年2月16日・17日に開催。山梨県富士河口湖町でサンドブラスト体験や宴会企画などが行われた。V界隈でも初な試みだった。

「vtuber甲子園」とは

天開司が主催するパワフルプロ野球の三年縛りの企画。そこで何度か選手名に富士葵の名前貸しで出場。#春のVtuber甲子園では天開司監督率いるチームに所属。にじさんじ甲子園2023エキシビションチームの舞元監督率いるチームに所属した。

「YouTubeストア」とは

ノジョさんがYouTubeの下部に商品が並んでるのかっこいいって理由で設置。企画動画のロゴをステッカーにしたものを販売している。割高なので買わなくていいよってことだけど、買える。

目次